電気工事の仕事がないときの探し方【取りあえず無料登録しよう!】

電気工事の仕事がないときの探し方【取りあえず無料登録しよう!】

独立したけど仕事がない方

ヤザキ電気

「電気工事で独立したけど仕事がなかったらどうしよう」

「電気工事の仕事がなくなる閑散期に仕事がほしい」

そんな悩みありませんか?

 

電気工事で夢の独立ってあこがれますよね。

自分の力でお金を稼ぎ好きなことで飯を食っていく、これほどやりがいを感じることはありません。

 

僕もその一人でした。

 

何とか努力の甲斐があって自分の会社を設立することが出来ました。

 

しかし順風満帆ってわけではありません。

 

現場に入っている最中は安心感があるので問題ありません。

 

しかし現場が終わりに近づいてくるにつれ

ヤザキ電気
「次の現場がないけどどうしよう」

って焦りにかわります。

 

幸い次が見つかったとしてもまだ始まったばかりの現場では電気工事の出番まで時間があるのでやはり空いてしまいます。

 

こんな感じで悩む方もいると思います。

 

住宅専門や小さな工務店との取引がある方なら細かく現場を重ねることが出来ます。

 

しかしゼネコン関係の仕事になるとその現場が忙しくなれば離れてほかの現場にいくことが難しいですね。

 

人数を抱えている会社なら問題が無いのかもしれませんが、僕のように一人で現場を回している方はそこが難しいところです

 

長期の現場が終わり次が見つかるまで数週間から数か月空いてしまうとき、どうすれば仕事を埋めることが出来るのか?

 

僕が実際に対策してきたことを踏まえてお話します。

 

この方法ですと1日から数日で終わる仕事や長期の仕事まで幅広く探すことができ、自分にあった調整が出来ます。

 

この記事を最後まで読むと複合的な考え方が出来るので最後までお付き合いください。

 

この記事を書いている僕は、ネクタイをしていたサラリーマン時代を8年経てこの業界に入りました。

 

今では電工歴16年、電気工事の会社を一人で立ち上げ現役続行中!

 

記事の信頼性担保につながると思います。

 

本記事では下記の内容を解説します。

 

電気工事の仕事がないときの見つけ方

電気工事の仕事がないときの見つけ方

 

電気工事の仕事がなくなったらどんな行動を取ればいいのでしょうか?

 

結論、情報サイトに無料登録しましょう。

 

何せ無料だから。

 

無料登録は「アシスト」
僕は今でも、このサイトに登録しています。

 

自分の仕事で忙しいときは完全に無視ですけどね。

 

独立したばかりの方など始めは勢いよく現場をまわしてもらい、仕事をしている最中はいいのですがイザ終わってみると「次がない!」なんてことありますよね。

 

大体忙しいときはみんな「次もあるからまずはココをヨロシク!」なんて調子のいいこと言う会社もあります。

 

で、結局予定止まり。

 

そんなことを回避するためにも自分から予防策を取っておきましょう。

 

サイト登録するときの注意点

注意点

 

ココで注意することがあります。

 

登録は無料とは言っても仕事を実際にすれば話は別です。

 

案件を受注すると案件一つに対して手数料がとられます。

 

ココが注意点です。

 

この手数料が企業によって違ってきますので案件を受注する際はよくサイトの規約を確認してから受注するようにしましょう。

 

僕が登録して実際に案件をこなしていた【アシスト】って会社は一つの案件に対して手数料がいくらって決まっていました。

 

アシストは決まった手数料しか取りません。

 

実際の工事料金は案件を受注した人が自分でお客さんに電話して内容を詳しく確認してから見積もりします。

 

しかもその見積もりが通らなければ意味がありません。

 

例えば一つの案件で4000円の手数料が掛るとします。

 

そして請けた案件の内容が電球の玉の交換だったとします。

 

電球はLEDに替えるためお客さんが用意してあるので交換作業だけの仕事。

 

これで4000円以上の利益を出さなければならないって事になるとさすがに大変です。

 

これは極端な例かもしれません。

 

僕の実際の失敗例をお話します。

 

案件内容がインターホンの交換って事でアプリから情報が届きました。

 

ヤザキ電気
「お、この内容なら現場も近いしインターホンもこっちで仕入れができればある程度は利益がでるかな。」

って感じで考えていたので請けてみました。

 

ココでアプリに【受注】って答えると手数料が発生します。

 

この時点でやっとお客さんの詳細がもらえて自分でお客さんに連絡し現場調査に向かいます。

 

詳細をもらった時点であとは自分でのお客さんとのやり取りに切り替わります。

 

そして実際に現場に行ってお客さんとお話ししてインターホンの状態を確認したら、なんと正常に動作していました。

 

僕は

ヤザキ電気
「え!」

お客さんは

お客さん
「よかった!動いた!」

僕は

ヤザキ電気
「よかったですね。また何かあったらご連絡ください。」

って言うしかないですよね。

 

押し売りはできませんので。

 

この時点でマイナス4000円の赤字です。

 

このからくりを理解して案件の受注には慎重になりました。

 

ぼくが実際に利用していたアシストはこんな感じですが、受注が確定したら手数料が発生するってところもあります。

 

なので結論、サイト利用するときは必ずサイトの利用規約を確認して自分が納得してから案件を受注するようにしましょう。

 

マッチングサイトの検索

 

「マッチング」なんて最近はよく聞く言葉です。

 

男と女を結びつけるサイトやアプリなどが流行っていますね。

 

建築業界でもマッチングはあります。

 

本当に最近は多く様々な企業がサイトを立ち上げています。

 

結論、無料登録しておきましょう。

 

やはり無料ほどコスパがいいものはないので無料登録はおススメです。

 

検索方法ですがスマホの検索エンジンに電気工事 マッチングサイトって入力しましょう。

 

そうすると電気工事を扱っているマッチングサイトが出てきます。

 

そこから探していきましょう。

 

電気工事で仕事がない方ももちろんですが他工種の職人さんにも多く使用されています。

 

僕も何社か登録しています。

 

ココで気を付けなければいけないのが、基本登録料金は無料ってサイトが多いのですが中には有料なサイトもあります。

有料サイト

あと、プランによっても料金が発生する商品もありますのでまずはサイトの内容をしっかり読んでください。

 

登録しなくてもどんな感じかはサイトに入れば確認できます。

 

有料プランはよく考えてから

 

僕は実際に無料登録したサイトと有料登録したサイトがあります。

 

有料の方は月額いくらって感じで支払っていました。

 

今、流行りのサブスクリプションですね。

サブスクリプション

まぁ、有料の方は結果的に企業契約でしたね。

 

担当の方が僕のところまで来て説明してくれました。

 

これは相手方が僕を審査しに来たてって感じですね。

 

当然相手の企業も変な会社と契約結ぶわけにはいかないですよね(笑)。

 

電気工事に関する内容はLED交換の交換でしたりエアコンの交換他にも様々な案件を持っています。

 

地元に案件がなかったら隣県にも案件があるので調整が効きます。

 

僕の地元にはそれほど案件は多くなかったので隣県までいって仕事していました。

数をこなしていく方にはいいかもしれませんが僕のように慎重派にはちょっとどうかなって感じになります。

 

その理由として見積もれる案件なら問題ないのですがLED交換のように一本いくらって金額が決まっていると「ウ~ン」って考えてしまう金額です。

 

まぁ、この辺は自社の想定金額がありますのでマッチングしたら請ければいいのかなって感じです。

 

しかし当然毎月の契約料金が発生しますので仕事を取らなければなりません。

 

ココが難しいところですよね。

 

取り合えず無料登録しよう

 

僕のおススメは無料登録です。

 

取り合えず登録だけしておけば情報が勝手に入ってきます。

 

なのでその情報を見て気になる物だけ手を出していけばいいのかなって思います。

 

僕はそんな感じで活用していました。

 

やはり取り合えずは無料登録がおススメです。

アシスト

工種にとらわれずに仕事を探す

 

電気工事がなくても他の業種はどんな感じなのか調べます。

 

理由は他工種でも電気工事が必要になることがあります。

 

例えばエアコン。

エアコン

これは電気工事をされている方なら経験があるとおもいますが、現場で動力工事などのされるときエアコンの電源を施工されることってありますよね。

 

これは当然エアコンに電源が必要だから電気工事になるわけです。

 

現場の外でも同じです。

 

業務用のエアコンだったりルームエアコンもそうですね。

 

新築の長期現場ばかり相手にしているとあまり考えたことはないと思いますが、需要はあります。

 

ヤザキ電気
「そんなこと言ってもエアコン屋に知り合いはいないよ!」

そうなりますよね。

現場で知り合ったエアコン屋さんはどうでしょうか?

 

設備屋さんの代理人や職長でもいいです。

 

仲良くなった人に名刺を渡しておいてください。

名刺交換

イザってときに頼りにされることもあります。

 

僕は今でも現場で出会った設備屋さんの専務と仕事のお付き合いをさせていただいています。

 

きっかけは新築現場で急な増圧ポンプの電源工事が発生して困っていたので僕が直接工事をしました。

 

その現場の電気工事は僕が職長で仕切っていましたので、現場の内容がわかっていると工事が有利です。

 

そのまま計装工事もしてあげて設備屋さんは大助かりって感じです。

 

どうでしょう?

 

現場で困っている設備屋さんを見かけたことありませんか?

 

困っている人を無視せずにギブを進んでするってことをおススメします。

 

とてもいい関係が生まれるかもしれません。

 

電気工事の仕事がなくなる閑散期の対策方法

 

結論、マッチングアプリをダウンロードして無料登録しておこう!

電気屋にとっていつも心配になる閑散期。

 

知り合いに電話をかけまくるってこともあるかと思います。

 

まぁ、1年中忙しく動いている方もいらっしゃいますが。

 

そういう方をのぞいて僕なりの対策方法をお話します。

 

マッチングアプリに登録

 

僕はマッチングアプリを使います。

 

先ほどマッチングサイトを利用すると言いましたがスマホアプリもあります。

 

無料でしてたら片っ端から登録しておいてもいいかもです。

 

僕は今でもスマホアプリを利用して電気工事の仕事の情報を確認しています。

 

メールやお知らせがウザくなったら退会するなどして解約してしまえばいいのですから簡単です。

 

何もしないよりは無料なので登録しておくだけでも面白いと思います。

アシスト

ルームエアコン工事の受注

 

季節に左右されてしまうかもしれませんがルームエアコンの工事をしてみるのもいいかもしれません。

 

特に量販店の仕事を手伝ったり、自分で請け負ってみてもいいかもです。

 

ヤザキ電気
「飯も食わずにあんなに忙しくルームエアコンを付けるのは無理!」

そうですよね。

僕も無理です。

なので初めに条件を出します。

 

一日2件までとか1件でもいいと思います。

 

基本が電気工事なのであくまでも補填でするって感じです。

 

どうですか?

 

それなら気持ちが楽になりませんか?

 

実際に僕は大手量販店のルームエアコン工事を請け負っていました。

エアコン

基本2人で一日3件って感じです。

 

しかも専用電源がある案件は2件って感じでやっていました。

 

夏場が繁忙期なので数はあります。

 

しかし気持ちの余裕があって仕事はしたいのでこんな感じで請けていました。

 

ルームエアコン工事が出来ない

 

当然いらっしゃるかと思います。

 

初めは誰かの下について学ぶものいいかと思いますが年齢がいっているとそうは出来ませんよね。

 

僕はYOUTUBEで学ぶことをおススメします。

 

エアコンのプロが本気で教えてくれますので意外に出来てしまいます。

 

僕もYOUTUBEで勉強して自分の家のエアコンで練習したり、知り合いの家のエアコンを安くつけさせてもらったりして経験を積んでいきました。

 

今では銅管のロウ付けまでします。

 

なので暇ですることが無いのなら自分のスキルを高めていくことをおススメします。

 

スキルを身につければそれが資産に変わりお金が稼ぎやすくなります。

 

ホームページをつくる

 

自分のホームページを持っていますか?

今では簡単なホームページなら自分でつくれます。

 

ヤザキ電気
「いや、説明を聞くまでもなく無理だから。っていうかそんなこと自分でやりたくない!」

そんな方もいますよね。

現場の職人なら気持ちがわかります。

 

ではやはり依頼してつくってもらいましょう。

ヤザキ電気
「いや、マジで高いじゃん!」

そうなんですよ。

マジで高い商品は目が飛び出ます!

 

僕の会社のホームページなんか1つ150万円です!

それが2つもあります。

合わせて300万

今思えばバカでしたね。

 

大馬鹿です!

 

成果は全然ないわけではありませんが正直そこまでのホームページは必要なかったと思います。

 

なのでとりあえずは名刺代わりでつくる感じでいいと思います。

 

僕も利用したことがある「ココナラ」ってサイトで探すといいでしょう。


ホームページなら最低金額が数万円なので超良心的です。

 

僕の100分の1ですね(´;ω;`)

 

ホームページもつくったらウザったいってくらい関連業者が営業に攻めてくるのでこれには注意が必要です。

 

なので必要がないと思う方には進んでおススメはしません。

 

まとめます

 

電気工事の仕事が無くなって困ったらただ指を加えて待っているだけではダメです。

 

自ら考え行動しなければ結果は出ません。

 

今の時代全て必要な情報は全て無料で探せます。

 

これを使わない手はありません。

 

お金がある方は使える限度額を確認してサービスを利用して、お金がない方は無料からのサービスから始めましょう。

アシスト

>初心者のタメの電気工事

初心者のタメの電気工事

電気工事に興味がある人、電気工事士になって日が浅い人などを対象にしてYOUTUBEのチャンネルをつくりました。 電気工事初心者の方に役立てば幸いです。

CTR IMG